HONDA CR-Xデルソル (delSol) 1992-1997 memorandum

CR-Xデルソル現在までのメンテ・故障の歴史

1995年11月に新車納車されてから、今日までの道のり、トラブル、故障、メンテ記録を覚えている限り記しました。一部記載忘れがあるかもしれませんが参考情報まで。

納車から本日までの経緯

1995年10月
ホンダベルノ徳島大原千代が丸店へ新車受注契約。
VGi、マニュアルトップ、サイプレスグリーンパール、オプションなし
(後期型になってからは、オートエアコン標準装備)

1995年11月
納車。

1996年
納車からわずか1年でヘッドライトのゴムパッキンが垂れ下がりだす
強引に切断

1998年11月
1回目の車検。(2回目以降は掲載省略)

2000年
急用でとばして帰宅途中で山肌に側面をぶつける。
リアのフレームが1cmほど縮まる。
センタリングが不安定になり、左リアのハブにスペーサーをかませることで対応

2002年11月
車検時、フューエルポンプの故障発覚
そのまま交換

2004年あたり
203,000km付近でクラッチ滑り発生、ディスク交換

2005年
Fブレーキパッド摩耗により交換

2006年
ボディ塗装面、クリア部が白化しはがれだす
雨漏り発覚

2007年5月
3度目のタイミングベルト交換(1度目と2度目はいつだったか忘れた)
このときに、ベルトがしっかりとまっていなかったらしく、突然ガラガラ音が発生し、以降走行不能になる。
レッカーでホンダカーズにてひきとってもらい、無償修理。幸いにもエンジンブローは免れた

2007年12月
同時にドライブシャフトブーツの交換

2008年4月
280,042km時点、Fブレーキパッド交換、10395円

2009年7月
ルーフレバー、不注意で破損
ホンダカーズにて交換、およそ2000円

2010年3月
走行距離300,000km突破

2010年3月
エンジンオイル漏れ発見。場所はスプールバルブと、ディストリビューターOリング劣化。
ホンダカーズにて交換、修理費22000円

2011年6月
走行時、いつもと違う異音に気づき、ホンダカーズへ
ドライブシャフトのガタつき発覚
新品すでになく、リビルト品にて交換、ついでに便乗でSiR用純正マフラーカッター取り付け。合計41,000円

2011年7月
クラッチペダルに大幅な遊び発生
原因はクラッチペダル用フルード漏れ
ホンダカーズにてマスターシリンダー、フルード交換、 修理費16000円

2011年8月
ドライブレコーダー装備開始

2011年9月
エンジン・ヘッドカバーについているブローバイガス還元用の、ブリーザーチューブに、経年劣化と思われる穴あき発見
部品のみとりよせ、自分で交換、部品代440円

2011年10月
ヤフオクで購入した控えめリアスポイラー装着

2012年4月
エアコンが効かなくなり、ガスチャージにて回復

2012年7月
カーオーディオをMDからSDカード対応のものへ

2012年9月
ブレーキランプが消えなくなる不具合、ペダルにあるセンサー部の樹脂パーツ破損が原因、141円で交換・修復

360,000km 到達

2012年11月
車検の際に、ディストリビューターオイル漏れを修理

2013年12月
エアコンの風量調節ダイヤルが経年劣化で破損、交換

2014年10月
メーター内のブレーキ警告灯 不灯火
原因はサイドブレーキレバーのセンサーの端子サビによる接触不良
研磨にて復旧

2014年11月
ドライブレコーダー、1080p対応の製品へグレードアップ

2015年2月
穴あきボロボロになったフロアマットを交換

2015年9月
フロントガラス・ウェザーストリップ交換 総工費53000円

2016年10月
クラッチディスク2回めの交換、クラッチオーバーホール 車検を兼ねた総費用224,000円

2017年11月
左フロントのディスクブレーキピストンがサビで固まり動かなくなる。常時効きっぱなしに。交換、21700円

2018年4月
右後ろのショックアブソーバーからオイル漏れ、1本のみ交換、25,000円

2019年12月
メーターのイルミネーション用バルブ全交換、自分で行ったのでパーツ代のみ

2019年12月
風すらもでなくなる、ブロアモーターの寿命、ヤフオクでパーツ入手・自分で交換、パーツ代のみ

2020年2月
4回めのタイミングベルト交換、その際にオイルシールなど その他の不具合も点検、71,000円